ファーストフラッシュ・イラム2019入荷のお知らせ!

2019年5月16日

2019年産Mist Valley MVEX-1が入荷しましたのでサンプルをお送りします。

 ネパール イラムのMist Valley茶園は有機栽培の茶園で、自社茶園はJAS有機認証を取得していますが、契約茶畑が350軒ほどあり、それらは主にEUとUSA向けの有機認証を取得しています。今回はEX-1(初摘み茶)のため複数の畑の茶葉を用いており、有機JAS認証がとれません。従って、有機紅茶とうたうことはできません。ダージリンのファーストフラッシュと比べてマイルドな味わいで飲みやすい紅茶です。Mist Valley

キャンディー、ルフナ、ファーストフラッシュ・イラム2019入荷のお知らせ!

2019年5月16日

2019年産キャンディー、ルフナが入荷しましたのでのサンプルをお送りします。 キャンディーとルフナはスリランカ・ティーボードの輸出許可を得るため、ドイツで残留農薬の事前検査をしましたので時間がかかりました。

・ キャンディーのKenilworth茶園はヌワラエリヤ地域のミディアムグロウンの名門茶園の紅茶で明るい水色で爽やかで飲みやすい紅茶です。

・ ルフナのSunrise茶園は歴史の浅い茶園ですが、茶葉の見た目も黒くベルベットのような光沢があり、濃く赤い水色と上質なミルクティー向きのコクと渋みが ルフナあります。

ファーストフラッシュ・ダージリン2019入荷!

2019年4月13日

2019年ファーストフラッシュ・ダージリンが入荷しました。

ThurboDJ4

今年はイースターが4月21日と例年より遅くEUの茶商の攻勢が少ないと予測されましたが、Castleton茶園の早いロットの品質がもう一つだったことから、Thurbo茶園はEU勢との争奪戦となりました。そんな状況下で昨年と同じDJ-4が購入できたことは幸運でした。

複数筋から聞いたところ、この春のThurbo茶園の早いロットの中では最も品質が高いとの評判です。Thurbo茶園はアッサム系クローナル種の大きめの茶葉でハーバルな味わいが特長的です。

水色は明るく、フラワリーな香りがたち、フルーティーで爽やかな味わいの春摘みらしい紅茶です。

 

手数料等の改定のお知らせ!

2019年4月13日

日頃大変お世話になっております。諸般の事情により送金手数料等の取扱いを2019年4月より改定します。

 

送料について: 紅茶ご注文合計税抜き¥15,000(北海道 ¥20,000、沖縄 ¥25,000)未満の場合送料実費を頂いていますが、コレクト便(代引き)で税抜き¥10,000未満は手数料も加算します。

お支払について: 銀行振込は金額に関わらず、金額確認のため送金手数料ご負担願います。郵便振替は紅茶代金税抜き¥10,000未満は料金払込人負担の青い用紙をお送りします。

ニルギリ紅茶2019入荷のお知らせ!

2019年4月13日

ニルギリのFPと BOPが入荷しましたのでサンプルをお送りします。長らく欠品し、ご迷惑をおかけしました。NILGIRIChamaraj茶園FP-SUP(FLOWERY PEKOE SUPREME)でニルギリらしいウディーな香りと爽やかな味わいで、今回は等級がFOPではなくFPと若干小さくなっています。Kodanad茶園は従来どおりのBOPサイズで、標準的な味わいです。 

アッサムCTC Nagrijuli茶園入荷

2019年4月13日

アッサムCTC Nagrijuli茶園はブラーマプトゥラ川北岸ブータンヒルズの茶園です。茶園の名前は現地語で「永遠の春」と言う言葉に由来しています。あっさりめで甘味もあり、ミルクティーだけでなく、ストレートでもおいしく飲めます。サイズは最大級のBPSです。

ジャパンティーフェスティバルに参加します。

2018年9月28日

9月29・30日に東京都立貿易センター開催されるジャパンティーフェスティバルに参加します。
話題の熟製茶を取り揃えてご来場をお待ちしております。つきましては招待状をお送りしますので希望される方はHPのサンプル請求からご請求ください。

 

ファーストフラッシュ・ダージリン2018が入荷しました。

2018年5月19日

昨夏のゼネスト以降、茶園の手入れが進んでいないのと、気候変動により、標高の高い有名茶園の製造が例年より遅れています。今年のサンプルの中では最も品質の高いと言われているロットです。

Thurbo DJ-4 FTGFOP1-CH-SPL-DELIGHT

thurbo dj4

ダージリンのストライキについて,

2017年8月10日

通常ならセカンドフラッシュ・ダージリンの最盛期ですが、ダージリン地方の政治問題により茶園もストライキで閉鎖しています。先週末で連続53日間の記録更新中だそうです。今週のオークションにも若干出品されましたが、ストライキ前の売れ残りで品質の良い物全く無く、その影響でシッキムが高騰しています。なお、ネパール茶はインド人の茶商が買いあさっていると情報も入っています。

したがって、セカンドフラッシュは先月入荷したCastleton茶園 DJ-126が最後となる見込みです。なお、オータムナルダージリンについてもかなり悲観的です。

 

2017年 ファーストフラッシュ・ダージリン品薄状態が続きます!

2017年4月19日

今年のダージリンは冬季に雨が少なく、春先からは雨に恵まれたものの低温が続き、茶摘みの開始が大幅に遅れました。
実際、有名茶園のDJ1(茶園証明が発行されるインボイスナンバー)は3月20日頃と2週間以上遅れて製造されました。その頃のダージリン多くはイースター需要でドイツに行き、価格も高止まりしてます。ちなみにダージリンのオークションは4月18日から始まりましたが有名茶園は無く、翌週のリストにもありません。5月2日オークションでは母の日には間に合わないと予想されます。