2020年6月27日

新型コロナウイルスの各茶産地の影響について!(6/19現在)

2020年6月27日 土曜日

新型コロナウイルスの各茶産地の影響について!(6/19現在)

 

インド
外出禁止令が6月から部分解除となりましたが、航空便が運休しており、更にタイ航空の破綻で厳しい状況は続いております。
紅茶生産は始まっていますが、輸出が順調でなく生産調整しています。オークションは6月2日から始まっていますが価格がCTCクラスの安いお茶が生産調整の影響で高騰し一部オーソドックスティーとの逆転現象が起こってます。

 

スリランカ
外出禁止令が緩和され茶園の作業は再開されました。航空便は一部再開しましたが成田便しかなく予約から2週間待ちで更に数倍の料金を支払うことになります。茶菓は高くないのですが輸送コスト高で値上がりしてます。

 

ネパール
農作業が解禁され製茶を開始していますが、航空便が欠航しているため、チャーター便を手配すると連絡がありました。

 

2020年産の新茶の入荷状況について!

 

インド
ファーストフラッシュ・ダージリン Thurbo DJ-7を購入しましたが結果DHLにて入荷しました。

 

スリランカ
ディンブラは Somerset茶園BOPと天然香料使用アールグレイ、臨時のe-オークションで落札したルフナAruna茶園 FBOPが船便で清水港に入荷しました。

 

ネパール
ミストバレー予約済み、入荷時期は未定です。