原産地情報

2017年 ファーストフラッシュ・ダージリン品薄状態が続きます!

2017年4月19日 水曜日

今年のダージリンは冬季に雨が少なく、春先からは雨に恵まれたものの低温が続き、茶摘みの開始が大幅に遅れました。
実際、有名茶園のDJ1(茶園証明が発行されるインボイスナンバー)は3月20日頃と2週間以上遅れて製造されました。その頃のダージリン多くはイースター需要でドイツに行き、価格も高止まりしてます。ちなみにダージリンのオークションは4月18日から始まりましたが有名茶園は無く、翌週のリストにもありません。5月2日オークションでは母の日には間に合わないと予想されます。

プレミアム・ディンブラ2017入荷のお知らせ!

2017年4月12日 水曜日

今年はスリランカのディンブラ地方に好天が続き、高品質のため、オークション価格が高騰しました。ディンブラ地方では1月19日頃から雨が降り始めましたが、この紅茶は雨が降り出す直前の1月17日の製造のピーククォリティー・ディンブラです。製造から日が経っていないだめ、青葉の香りがまだ残っており、ヌワラエリヤやウバに近い風味も持ち合わせています。

ファーストフラッシュ・ダージリン2016入荷のお知らせ!

2016年3月27日 日曜日

Mission Hill 茶園は、東部丘陵地帯ティースタ・バレーにあり、山岳地帯ながら標高610mの南向き斜面なので、いち早く茶摘みを始めており、特に今年は大柄の茶葉で見た目もよく、大走りダージリンとしては香りも高く、味わい深い紅茶です。

Mission Hill

Mission Hill

ファーストフラッシュ・ダージリン2015およびセイロン茶2015 入荷のお知らせ!

2015年4月14日 火曜日

ダージリン、スリランカから春摘み茶が入荷しましたので、サンプルをお送りします。円安と原産国の経済発展によるインフレの影響で紅茶の仕入れ価格が高騰しています.

今年は冬期の雨不足と低温でダージリンの生育が遅れ、世界中のバイヤーの取り合いになっています。その中でもCastleton茶園DJ-6は日本人好みのメローでフルーティーな味わいです。なお、カルカッタ・オークションでファーストフラッシュ・ダージリンは4月7日が初回でしたが出品が僅かで、有名茶園が出揃うのは来週以降で、入荷はゴールデン明けになりそうです。

スリランカからは大きめサイズの茶葉が入荷しました。キャンディー Craighead茶園は標高1,150m以下の高原にあるミディアムグロウンで、南にアダムスピークを望む風光明媚な地域にあります。茶葉のサイズは大きく、フルーティーでしっかりした味わいの紅茶です。ルフナ Ceciliyan茶園は宝石の採掘で有名なラトゥナプラ地区最大規模の製茶工場を持つ人気茶園です。鮮やかな水色としっかりした味わいでミルクティーに向いています。

dj-6

2015年産ニルギリが入荷のお知らせ!

2015年4月4日 土曜日

今年のニルギリは穏やかで飲みやすい味になっています。Chamraj茶園はニルギリで歴史と名声を誇る茶園で、澄み切った水色、渋みがありながらも柔らかで上品な味わいです。ストレートティー・アレンジティーにお勧めします。

Glendale茶園のウィンター・スペシャルティー Glendale Twirlも入荷しましたが、製造ロットが小さくご予約で大半が売れてしまい在庫は僅かです、500gスタンドパック包装。

Chamraj茶園 L359

Chamraj茶園 L359

Glendale茶園 #1325

Glendale茶園 #1325

2014年アッサム入荷しました。

2014年9月3日 水曜日

セカンドフラッシュ・アッサムが5茶園入荷しましたのでサンプルをお送りします。今年は低迷のダージリンと異なり、アッサムは当たり年、それぞれ個性があり、甲乙つけがたい品質となっております。お使いの水の違いで評価が分かれると思われます。

Mokalbari茶園はブラーマプトゥラ川南岸、東部ディブルガルにあります。Mokalbari East O-139 STGFOP-SPLは毎年クォリティーの上がり始める初夏の時期だけ作られるゴールデン・チップが非常に多いプレミアムなアッサムです。チップの多いアッサムには珍しい濃く赤い水色で、香りもよく、深く甘い味わいの四拍子揃った紅茶です。価格はトップクラスのダージリン並みで特に中東では人気があります、日本ではこのクラスのアッサムは認知度が低くほとんどほとんど輸入されません。

Dikom茶園 O334 STGFOP1 EUではハルマリ、ハティアリ茶園と並ぶ評価の高い茶園です。その最高グレードの実力を味わってください。蜜香を持ったアッサムです。

Desam茶園 O223 TGFOP1 グレード以上にゴールデン・チップが目立ちバランスのとれた味わいです。日本発入荷?かも知れません、今後注目の茶園です。

Harmutty茶園 O141 STGFOP1(S) 品質が高い割りに価格が安く、人気のハルムティーこの価格で蜜香を感じます。コストパフォーマンスはトップレベルです。

Dejoo茶園 O275 STGFOP1(S) tasteaのお客様では大人気のデジョーです。今年も安くておいしいロットが入荷しました。

※迷ったら水を替えてテイスティングするのもいい方法です。昨年購入のお客様にはサンプルをお送りする予定です。

Mokalbari East O-139

Mokalbari East O-139

2014年セカンドフラッシュ・ダージリン入荷!

2014年9月3日 水曜日

セカンドフラッシュ・ダージリンが入荷しました。

Sungma茶園 DJ-195のマスカテル・グレード、Sungma茶園は西部ミリク渓谷にあり、標高1,400mです。名前は「野生のきのこが豊富に生えている場所」を表すチベット語に由来しています。Turzum茶園と製茶工場を共有する姉妹茶園になっています。Fair Trade認証、レインフォレスト・アライアンス認証、ドイツ テュフノードによるISO 1901:2008 & HACCP 認証、IMOによるオーガニック認証を取得しています。

 Margaret’s Hope茶園 DJ-370マスカテル・グレードで、従来マーガレッツホープはグッドリックグループのキャッスルトン、タルボに比べ香りはあるものの水色も味も薄く物足りない印象を持つ方が多いと思いますが、今年のマーガレッツホープはボディーがありしっかりした味わいです。茶葉はやや少なめにお使いください。後味が甘いので、スイーツによくあいます。

セカンドフラッシュ・ネパール(ダンクタ)2014入荷のお知らせ!

2014年8月8日 金曜日

2014年セカンドフラッシュ・ネパールが入荷しました。

 Guanse茶園はネパール東部ダンクタにあり、IMO-JAS認証を持つオーガニック茶園です。メローな味わいで今は無いダージリンのマスカテル・フレーバーを微かに持つ飲みやすい味わいです。茶葉の形状から真空包装機にかけられないので、アルミスタンドパック包装になります。

 ダージリン同様今年はネパールも選定に手間取り、過去に無いほど多くのセカンドフラッシュを試飲しましたが、どの茶園も例年より味も香りも薄く、満足する品質のものがありません。その中ではトップクラスのGuranse G69を購入できました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA Guranse G69

シッキム2014入荷のお知らせ!

2014年8月8日 金曜日
Temi SK15

Temi SK15

遅れていたセカンドフラッシュ・ダージリンより一足先にシッキム Temi茶園が入荷しました。
Temi茶園はシッキム州の官営茶園です。ダージリンの北東、ヒマラヤ山脈カンチェンジェンガを臨み、標高はダージリン並みの1,200-1,800mに茶畑があり、スイスIMOのオーガニック認証を取っています。数年ぶりに味の良いものが買えました。製造は5月19日でもセカンドフラッシュになります。茶葉の味わいはダージリンほどシーズン毎に製法を変えては作らないため一年を通して大きな差はありません。

2014年ファーストフラッシュ・ダージリン入荷のお知らせ!

2014年4月14日 月曜日

ダージリン春摘みCastleton茶園DJ-5が入荷しました。

今年は冬期の雨不足と低温でダージリンの生育が遅れ、ファーストフラッシュの生産量が例年の60%になっており、世界中のバイヤーの取り合いになっています。その中でもCastleton茶園DJ-5は久しぶりにCastletonらしい日本人好みの爽やかな味わいです。FABEX2014にご来場いただいたお客様に会場で試飲していただき、その場のご予約で大半が売れてしまいました。在庫は僅かとなっておりますので、お早めにご注文ください。なお、カルカッタ・オークションでファーストフラッシュ・ダージリンは4月22日が初回ですが出品が少なく、初回オークションで購入してもGW明けになる見込みです。

Castleton茶園DJ-5

Castleton茶園DJ-5